安心してお金借りれる消費者金融の特徴を調査してまとめました

昨今の借りやすい消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

就職先としての人気も上々のようなので借りやすい消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされており成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

借りやすい消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

借りやすい消費者金融のキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、借りやすい消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

人気が高い金融機関の理由は低金利で審査が早いといった理由があげられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

借りやすい消費者金融の借入れ条件やデータというものはランキングサイトを利用するのが便利です。

借りやすい消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

個々の借りやすい消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので借りやすい消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

又、借りやすい消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

これに対して借りやすい消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行以外だと借りやすい消費者金融やクレジットカード等があります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で利益を上げています。

銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、借りやすい消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、あながち借りやすい消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない…ということがあると思います。

そんな時、カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちでなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたので法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

借りやすい消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、払い戻しには請求期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、バブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますからかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

借りやすい消費者金融を利用するメリットとデメリット

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や借りやすい消費者金融などが該当します。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

これに対して借りやすい消費者金融というのは貸金業専門となりますので限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行と借りやすい消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。

借りやすい消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

借りやすい消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は借りやすい消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

借りやすい消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

最大貸出限度額は借りやすい消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1
200万円と高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますが消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

借りやすい消費者金融のキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの借りやすい消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている借りやすい消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは借りやすい消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった借りやすい消費者金融業者のほとんどは銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査能力に関しては借りやすい消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

各借りやすい消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

借りやすい消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

個々の借りやすい消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

参考:借りやすい消費者金融ランキング【条件別で選ぶ金融機関】

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

人気が高い金融機関の理由は金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

ですが、借りやすい消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるとどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

昨今の借りやすい消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい…というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。